DJI『Mavic Pro』とは

Mavic Pro (マビックプロ)は小型のドローン。
DJI ドローン Mavic Pro (マビックプロ)
4つのアームとプロペラを機体に収納することができ、折りたたんだときのサイズは何と500mLペットボトルサイズ。重量もジンバルカバーを含めて743gと軽量。
4つのアームとプロペラを機体に収納
移動時にプロペラを取り外して、また付けてといった手間がかからないので、アクティブに使うにはたいへん便利。
小型ドローンといっても性能は妥協がない。
新たに開発されたコントローラーと通信方式「OcuSync」により、4km先までの飛行ができ、フライト時間も最長27分と長時間飛ばせることができる。
新たに開発されたコントローラー
3軸ジンバルで4k 30fpsの高画質での動画撮影が可能。
近距離であれば、スマートフォンからWi-Fi電波を使ってドローンの操作もできる(概ね80m以内)。
そもそも発売元のDJIは、無人自動空撮システム(ドローン・マルチコプター)の世界シェアNO1企業とあって、その技術力は立証されているので、本格的にドローンでの撮影を検討している方にはおすすめできる機種だと思う。

『Mavic Pro』特長

長距離フライトを実現

dji-mavicpro21
小型送信機に新しいOcuSync伝送技術を内蔵。最大4kmの距離での1080pのフルHD動画ビデオストリーミングができます。

障害物を自動で避けて衝突回避

dji-mavicpro22
前方の障害物を検知して自動で避けることができる障害物自動回避機能が備わっています。36km/hまでのそくであればStereo Sightによって進行方向最大15m先にある障害物を検知して回避することができます。

高精度な位置調整ができる

dji-mavicpro23
Stereo Sight技術によって、様々な環境下でも正確なホバリングを可能としています。
離陸した場所とほぼ同じ場所に、自動で着陸することもできるようです。

最大27分間の長時間フライト

dji-mavicpro24
最大27分間、通常使用でも21分間程度の長時間飛行ができます。

美しく滑らかな映像と鮮明な写真撮影

dji-mavicpro25
3軸ジンバルによるスタビライザーシステムを採用し、美しく滑らかな映像やブレのない鮮明な写真撮影ができます。
高精度の3軸ジンバルによってカメラ全体を安定化させることで、ブレを抑制した映像を撮ることが可能となりました。
写真は1200万画素のクオリティで撮影できます。

安定した操作性

dji-mavicpro27
Mavicのコントロールスティックから繊細なコントロールができます。
細やかな動きも即座にMavic Proに速やかに正確に伝わります。
Mavicは最高時速65km/hを実現。ドローンレースに必要な機敏性と応答性も兼ね備えています。
ドローンの落下の大敵となる強風への対策も抜群。風速38.5kmの強風でも滑らかな飛行を可能としています。

関連動画

毎日更新!商品カテゴリ別、人気ランキング特集!!
おすすめの記事