とにかく軽い折りたたみ傘が良い!

雨が降る季節や一日くもりマークの天気予報の時はいざという時の為に折りたたみ傘をカバンに携帯します。
タブレット端末よりは軽いとはいえ、通勤電車なんかで立っている時間が長い時には、少しでも持つものの重さは抑えたいものです。
傘売り場で探して実際に手にして買うというのも手ですが、ネット通販で重さや口コミ基準で選ぶのも一つの手だと思います。
通販で買える、重量を表記している傘を紹介。
重さ基準での折りたたみ傘選びのご参考にしてください。

【445g】大きさと強度を兼ね備えた「Bodyguard 210T」

大きさ118cmとビッグサイズ、10本傘骨で強風にも強く、高密度ファブリック布で撥水性に優れ、手がふさがっていても安心のワンタッチ自動開閉。大きさ重視という男性向けの折りたたみ傘。
傘の重量は445gと、iPad Air 2が437gなのでほぼ同等の重さがります。



【437g】DOSMUNG 210T

前記と同様の傘。開いたときの大きさは118cm、風速30mに耐えられるという10本傘骨、撥水性に優れた素材でワンタッチ自動開閉。
こちらは色違いのブルーもラインナップしています。




【240g】バランスのとれた傘「U-240 BL-WB」

持ち歩きに最適な軽量傘。重量は約240g。iPad mini 4 Wi-Fiモデルが約300gなのでそれよりも軽いです。
広げたときの大きさは60cmと少し小さめ。しかし、小さくて軽量でも、8本の航空アルミ合金傘骨を使っているので、風に強くて、錆びないので耐久性はありそうです。
布は超高密度のテフロンポリエステル材料で作られ、防水試験レベル最高のレベル5。傘を閉じた後に軽く振るだけで、ほとんどの水滴を振り払えるそうです。




【90g】軽さとデザイン重視のの女性向け「kiu Air light umbrella」

スマートフォンよりも軽い90g。5本骨と少々頼りない感じもしますが、グラスファイバー素材のため見た目よりは強度があります。
広げたときの大きさは50cm。UVカット率90%で、日傘としても利用できそう。
大きさとデザインを考えると女性向けな印象の折りたたみ傘です。



【400g】風で裏返しにならない「KOLER 風防」

風防の特徴はどんな風でも裏返しにならない耐強風性と二重構造の生地。
層の間を風が通り抜けることで裏返しにならない構造。
大きさも118cm、8本骨は高強度なグラスファイバー製で、折りたたみ傘では防げないような強い雨風でも耐えられそうです。
ワンタッチ自動開閉式。





【370g】Fnova 2017改良版折り畳み傘

世界中で1万人以上に使用されているという折りたたみ傘の2017年改良型。
男性の大人をカバーできる116cmの大きさを考えれば370gは妥協できる重さのような気がします。
高強度グラスファイバーの頑丈な8本骨、耐風、撥水といったところは他の傘と横並びです。
全ての自動折り畳み傘に言えることですが、手動で傘を開いたり閉めたりしないよう注意してください。
自動開閉折りたたみ傘を知らない人は、開けるのはワンタッチでできる認識を持っているので大丈夫でも、しめるのは手でやらないといけないと思って、力ずくで閉じると壊れますので。




毎日更新!商品カテゴリ別、人気ランキング特集!!
おすすめの記事