ぺんてる シャープペン SMASH(スマッシュ)とは

ぺんてる シャープペン スマッシュ 0.5mm Q1005-1 ブラック
『ぺんてる シャープペン スマッシュ 0.5mm Q1005-1 ブラック』は1986年に発売された、超ロングセラーなシャープペンシルです。
製図用シャープペン「グラフ1000」のスペックのいいとこ取りをし、一般向けということで、ガシガシとタフに使えるシャープペンを目指した意欲作。

こだわりぬいたシャープペン

SMASHは様々なところにこだわりを持って制作されている。
pentel-smash03
芯をつかむ「チャック」は金属製を使い、力強く芯をつかむので、力強く書いても芯が引っ込みにくい。
SMASHの「チャック」は金属製
反面デメリットとしては、使い終わった後に芯を引っ込めようとすると若干力が必要になる。
また、口金とグリップが一体化し、よりタフに書ける仕様となっている。

書くということでいえば、重要なのはシャープペンを握るグリップ部分。
一見マットな質感のグリップは、特殊な塗装を3層塗りした金属製(真鍮)。
グリップのベースは軽量なアルミ製。
前軸全体が真鍮製な為、ペン先側がやや重い低重心となっていて、とても使いやすくなっている。
pentel-smash02

シャープペンを使っていて何気に重要なポイントになるのが、芯を出す際に押す「ノックボタン」だ。
pentel-smash05
ノックボタンはポンプのような蛇腹で覆われていてシャープペンの一体感あるデザインを醸し出している。

こだわりは時として遊び心にもつながる。製図シャープペンには当たり前だが、一般シャープペンには少ない「芯硬度表示」を備えている。
芯硬度表示
人によっては意味のないものかもしれないが、少なくても私は「HB」とかわかる方が助かる。
何より、退屈な会議とかの中で手持ちぶさたで回したりするのが、ちょっと楽しい。

毎日更新!商品カテゴリ別、人気ランキング特集!!
おすすめの記事